Event is FINISHED

オンライン対談「コミュニティを活かした事業の広め方」by KabuK Style/Carstay/UDS/TABIPPO

Description
新型コロナウイルスの影響で、皆さまのビジネスにはどのような変化がありましたか。ユーザーは、応援したい企業のサービスを利用する動向が強まり、企業による一方的な発信ではなく、コミュニティを活かした「共創」がキーワードとなっています。

そこでこれからの事業展開を考えるべく、コミュニティを活かしてサービスを展開する4社が集まり、現在抱えている課題とコミュニティの可能性を語り合うオンライン対談を企画しました。

▼イベント概要
6月4日(木)19:00より【コミュニティを活かした事業の広め方】をテーマに、トークセッションと交流会の二部制でイベントを行います。

トークセッションには、無料でどなた様でもご参加いただけます。交流会は人数に限りがあるため、選考をさせていただく場合がございます。

本イベントは、コミュニティを活かして、旅行関連ビジネスを展開する4社(KabuK Style × Carstay × UDS × TABIPPO)による共催で実施いたします。

▼トークテーマ
このような内容をお話する予定です。
・事業とコミュニティの関係
・コロナの影響で事業自体、広め方が変わったか
・都市と地方でのビジネスの広げ方の違い
・コミュニティを健全に広げていく方法
・これから事業として挑戦、共創してみたいこと

▼こんな方に参加してほしい
・コミュニティを活用したビジネス展開について知りたい
・旅業界のマーケティング事例が知りたい
・自社サービスとメディアとの関わり方を考えている
・地方を盛り上げたい
・運営メンバーと一緒に何か活動したい
・これからの観光や旅について議論したい

▼詳細
開催日:6月4日(木)
開催時間:第一部トークセッション(19:00〜20:00)/ 第二部交流会(20:00~20:30)
参加料:無料
定員:制限なし(第二部は人数に限りがあるため、選考をさせていただく場合がございます。)
参加方法:Zoomを使用いたします(ライブ配信はありません)

お申し込みいただいた方に、座談会当日に関する詳細をご案内させていただきます。
※高速通信が可能な電波の良い所でご参加ください。

▼登壇者プロフィール
大瀬良 亮 / 株式会社KabuK Style 代表
1983年、長崎県生まれ。2007年筑波大学卒業後、電通入社。被爆をデジタルマップで伝える「Nagasaki Archive」でYahoo!デジタルアワード特別賞受賞。2015年から首相官邸初のソーシャルメディアスタッフとして内閣広報室に出向。2018年からつくば市役所まちづくりアドバイザーとして広報戦略を担当。

松尾 慎太郎 / UDS株式会社 LEAGUEマネージャー
大阪生まれ、大阪育ち。前職では、新規事業の立ち上げ・拡大を担い、クライアント数・流通総額共に業界No.1に成長させる。コミュニティに関わる主な経歴としては、個人として挑戦を後押しする場である「MOA大学」の創業、現職では、イノベーション施設の企画コンサルティング、コワーキングスペース「LEAGUE」のマネージャー・コ―ディネイターとして、挑戦・共創支援を行う。

宮下 晃樹 / Carstay株式会社 代表
Deloitte JapanにてIPO支援業務に従事した後、2016年にインバウンド事業を手がけるNPO法人SAMURAI MEETUPSを創業。2018年にCarstay株式会社を起業。場所と時間にとらわれない、新しい豊かな旅と暮らし“VANLIFE”スタートアップとして、クルマ版Airbnb「Carstay(カーステイ)」をリリース。

篠原 輝一 / 株式会社TABIPPO 創業メンバー
1989年、福岡生まれ。2010年11月~2011年6月まで210日間の世界一周の旅に出る。それが原体験となり旅を通してグローバルな人材を育成していきたいという想いでTABIPPOに従事。 2014年にはITベンチャー企業に就職するも、1年後にはTABIPPO創業期にジョイン。共同創業メンバーとしてマーケティング事業の立ち上げ等を行う。
Thu Jun 4, 2020
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
【オンライン対談】参加チケット FULL
Organizer
株式会社TABIPPO 〜旅で世界をもっと素敵に〜
16,379 Followers

[PR] Recommended information